メッセージボード

同窓生たちの、メッセージボードをご用意いたしました。

当日、残念ながら出席できない方からの同窓生たちへのメッセージや、先生方へコメントを、こちらのメッセージボードにお寄せください。

なお、本合同同窓会の趣旨にそぐわない投稿は、削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承願います。

“メッセージボード” への4件の返信

  1. 静岡県立大学創立30周年記念、心からお祝い申し上げます。今年3月修士を修了し、学位を取得した三浦尚子です。今回は残念ながら出席できませんが、メッセージボードを実行委員長の山田裕嗣氏が作成してくださいましたので、書き込ませて頂きます。社会人院生として、母の介助と研究論文を両立させ、学位を取得しました。今振り返ると、夢のような時間でした。日蘭の格安飛行機の往復で、疲労で寝過ごし乗り遅れて空港で一夜を明かしたこともありました。(苦笑)現在オランダ在住で、2児の母です。50代という年配の先輩ですが、若い後輩達にエールを送りたいと思います。私の人生、「波乱万丈」「紆余曲折」を繰り返しながら、現在に至りました。後輩の皆さん、失敗を恐れずに、挑戦していってください。人生1世紀の時代です。これからがスタートです。私は、オランダの中高一貫校で教員(日本語・日本文化担当)をする傍ら、ユニセフ・オランダのWar Child のボランティアに合格しました。アムステルダムで集中研修を終えたところです。研修者の国籍は、オランダは勿論、イラク、シリア、アメリカ、カナダ、そして日本のグループ研修でした。日本国籍では、私が第1号となりました。経験を積んで、インド・アフリカとかへの出張もあります。50代後半から学位取得をし、人生が更に広がりました。県大で学んだことは、全て「知となり力」となっています。オランダのボランティアのレベルは非常に高く、Ph.Dを取得されている方々もいらっしゃいます。県大の大学院の研究室で心が折れそうになった時、お互いに励まし合った社会人院生達、若い院生達、そして留学生達との時間は一生忘れません。また、叱咤激励してくださいました諸先生方に、心から感謝申し上げます。おばさん先輩が海外のオランダで頑張っていることで、後輩の皆さまに少しでも刺激と励みを与えることが出来たら幸いです。来蘭の際には、是非、ご一報くださいませ。スキポール空港(アムステルダム国際空港)まで、自宅から15-20分でお迎えに参ります。勿論、仕事の都合のつく範囲ですが。お世話になりました先生方の場合は、絶対に都合をつけてお迎えに参ります。「異文化で老いる」を根性で生き抜いています。(苦笑)健康であれば、挑戦は可能です。また皆さまにお会い出来る日を楽しみにしています。

  2. 投稿ありがとうございます。海外でも活躍されている同窓生の生の声をいただくことができ、我々実行委員も感激しております。合同同窓会でお会いできないのは残念ですが、くれぐれもお体には気をつけてお過ごしください。

    同窓生の皆様へ
    三浦様は、合同同窓会のFacebookに写真付きで投稿してくださっています。そちらもぜひご覧ください。
    https://www.facebook.com/jaaushizuoka/posts/1537841902925399

  3. 静岡県立大学創立30周年記念及び合同同窓会、心からお祝い申し上げます。平成6年3月に国際関係学研究科を修了し、公務員の端くれとなりました太田晴彦です。今、南の島邦で勤務しています。この度の同窓会を心待ちにしておりましたが、台風22号のために静岡へ行く交通手段を全て奪われたため、断腸の思いですが、参加を断念する決断をいたしました。同窓の皆様と会う機会を持てず慚愧に堪えません。幸い、これを機会に同窓会の入会することにしました。次の機会を心待ちにしています。何よりも、南の島邦から合同同窓会の成功、皆様のご多幸とご健勝を祈念します。
     

    1. 実行委員の稲葉です。お会いできないのは残念です。今回は、第1回の合同同窓会ですが、これで終わりではなく今後も継続していく予定です。また、次の会が開催された暁には、是非ともご参加いただけますよう、心からお待ちしております。
      同窓会終了後には、当日の模様など、このサイトでお知らせいたします。またご覧になっていただけたらと思います。台風が心配ですが、お気を付けてお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です